薄毛はクリニックで治療

男性の薄毛クリニックはどんな所?

 

医師

 

男性の薄毛は異性にいい印象を与えることができなくなりますし、仕事に悪影響を及ぼしてしまう可能性もありますので、できることなら薄毛にはなりたくないものです。

 

とは言え、加齢による薄毛は避けることができませんので自分で治療を始めるか誰かを頼って改善を目指すことが必要となります。

 

また、男性の薄毛は加齢だけが原因となるわけではなく、ストレスやホルモン、生活習慣の乱れなども原因となりますので、そうしたことにも気を付けておかなければいけません。

 

それと、男性の薄毛を治療できる薄毛クリニックで改善していくこともでき、実際に薄毛で悩まされている男性が多く利用して改善を目指しています

 

その男性の薄毛クリニックは発毛専門の医師が治療や診察などを行ってくれますので誰でも安心して通うことができますし、男性専用の薄毛クリニックもありますので女性に会って恥ずかしい思いをすることはありません。

 

それに、近年では男性の薄毛であるAGA(男性型脱毛症)の治療が注目されていることもあって、全国各地にクリニックが展開されていますので通いやすいと言えます。

 

このようなことからも分かるように、男性の薄毛クリニックは安心して薄毛を改善していくことができるところですので、薄毛に悩まされている男性は参考にしてみてください。

 

 

どれくらい抜けたら行くべき?

 

男性の薄毛は男性ホルモンのテストステロンがリダクターゼという酵素によってジヒドロテストステロンに変換されると起こりやすくなります。

 

また、不満や不安などの心理的ストレスも薄毛の原因となり、過剰なストレスが自律神経を緊張させて血管を収縮させてしまい、頭皮への血流が悪くなって毛根や髪の毛に十分な栄養を送れなくなります。

 

これがヘアサイクルを乱すことになって抜けやすい髪の毛に育ってしまい薄毛に繋がっていくのです。

 

こうした原因によって抜け毛は増えていきますが、抜け毛が気になり始めた人の中にはどれくらい抜けたら薄毛クリニックに行ったら良いのか気になる人もいるでしょう。

 

特にこれくらいの本数ということはありませんが、洗髪後の排水口や枕にある抜け毛が明らかに増えたと思ったときにクリニックに行くと良いでしょう。

 

また、ドライヤーで髪の毛を乾かしているときに抜け毛が増えてきても薄毛クリニックに行くべきと言えるでしょう。

 

あまり抜ける量を気にし過ぎてもストレスになるだけですし、気にしても改善できるわけではありませんので、少し抜ける量が増えたと感じた時に行くのが良いでしょう。

 

このようなことからも分かるように、どれくらい抜けたら行くべきなのかということはあまり気にせず、早めに行くのが安心できるのではないでしょうか。

 

 

基本の治療

 

薄毛で悩まされている男性の多くは男性型脱毛症という厄介な症状が多くあり、治療を受けて改善するために薄毛クリニックに通っている人も多くいます。

 

その薄毛クリニックで受けられる治療は様々ですが、基本となる治療は投薬治療となります。

 

投薬治療では男性型脱毛症に効果的となるプロペシアやミノキシジル、ザガーロなどの治療薬があり、個人の症状や状態に合わせて投薬治療は違ってきますし、医師やクリニックによっても処方する治療薬が違うこともあります。

 

また、基本の治療となる投薬治療は効果があるかを判断するために1年くらいは通って治療薬を処方してもらわなければいけません。

 

それと、プロペシアには男性には深刻な問題となる性欲減退や勃起不全という副作用の症状があらわれることがありますし、痒みや発疹、肝機能障害などの症状があらわれる人も稀にいます。

 

とは言っても、副作用の症状があらわれることがあっても薄毛クリニックの医師が対応してくれますので、そこで相談して治療方法を見直すことも可能です。

 

外用薬と使用するミノキシジルも同じような副作用の症状があらわれることがありますので気を付けておかなければいけません。

 

こうしたことからも分かるように、基本の治療は内服薬と外用薬になりますが、副作用の危険性があるということも考えておきましょう。

 

 

最新治療

 

男性の薄毛は頭頂部から薄くなっていくタイプと額の生え際から薄くなっていくタイプがあり、どちらも壮年期から中年期にかけて多くみられる男性型脱毛症の症状となります。

 

この男性型脱毛症を治療して改善できるのが薄毛クリニックですが、最近では多くの薄毛クリニックで最新治療が行われています。

 

その薄毛クリニックで受けられる最新治療とはHARG療法、SMP療法、毛髪再生メソセラピー、グロースファクター再生療法、PRP療法などです。

 

HARG療法は幹細胞から抽出したタンパク質を頭皮に直接、注入する治療となっており、ヘアサイクルを正常に戻して太くて強い髪が生えてくるようにします。

 

SMP療法はインクを頭皮の表面に着色させて薄毛を目立たなくする治療です。

 

毛髪再生メソセラピーは毛乳頭や毛皮にある細胞を活性化させて太くて強い髪が育つようにします。

 

グロースファクター再生療法は髪が生えるために必要な成長因子を内服や注入する治療となっており、美肌効果もあるため女性に注目されている治療法です。

 

PRP療法は血液から抽出した血小板を患部に注入する治療となっており、血小板は細胞分裂を活発にさせたり組織を修復するのに必要な栄養が豊富に含まれていますので効果的な最新治療と言えます。

 

 

やっぱり高額・・・

 

男性の薄毛を改善してくれる薄毛クリニックですが、通うにあたって気になることといえば費用ではないでしょうか。

 

基本的に薄毛クリニックでの治療は保険適用外になりますのでかかる費用は高額になってしまいます。

 

無料カウンセリングを受けられるクリニックは多くありますが、その後の診察料や様々な検査料、そして治療費を合わせれば当然のように数万円はかかってしまうことがあります。

 

それに、薄毛クリニックでの治療は長期間となりますので、高額な費用を1年くらいは払い続けなければいけません。

 

このようなことからも分かるように、薄毛クリニックでの治療はやっぱり高額となりますので、まずは費用があまりかからない抜け毛予防シャンプーなどを使用してみたほうが良いのではないでしょうか。

 

おすすめのシャンプーはこちら=男性用育毛シャンプーランキング

女性用はこちら=女性用育毛シャンプーランキング