薄毛は親からの遺伝なのか?

薄毛は必ず遺伝する?本当は・・・

 

遺伝

 

抜け毛が増えてしまうと薄毛になって嫌な思いをしますし、日常生活が楽しく送れなくなりますので早く改善したいものです。

 

すでに薄毛で悩まされている人は早く対応して改善したいのですが、まだ薄毛になっていない人は薄毛の原因を知ることで予防することも可能です。

 

また、薄毛で悩まされている人の中には家族や親戚に薄毛の人がいると自分も遺伝で薄毛になってしまったのでは?と思っている人もいるでしょう。

 

それに、まだ薄毛になっていない人の中には、家族や親戚に薄毛の人がいたら自分も薄くなってしまうのでは?と不安に思っている人もいるのではないでしょうか。

 

では、薄毛は必ず遺伝するのでしょうか?

 

それは、必ず遺伝するというわけではありませんが、場合によっては高い確率で薄毛は遺伝してしまいます。

 

遺伝が原因で薄毛になってしまうのは25%程度とされていますが、遺伝以外の原因で薄毛が発症することもありますので、家族や親戚が薄毛になっているからといって諦めてはいけませんし、あまり気にせずに規則正しい生活を送ることに心がけておくと良いでしょう。

 

また、薄毛の遺伝に深く関わってくるのが薄毛遺伝子ですが、発症するリスクはその薄毛遺伝子を検査すれば分かります。

 

遺伝子検査は自宅で検査キットを使用することで誰でも簡単に調べることができますし、病院やクリニックに行っても検査を受けることができます。

 

自宅での検査は口内粘膜の採取だけで良く、1万円くらいと費用もあまりかかりません。

 

病院やクリニックでは血液検査や毛髪検査、口内粘膜の採取で終わりますし、2万円くらいですが検査結果が的確ですので確実性を求める時には良いでしょう。

 

もしかして薄毛が遺伝するかもしれないと思っている人は、まず検査を受けたほうがいいかもしれません。

 

 

隔世遺伝も多い

 

薄毛は遺伝することもありますが、その遺伝に深く関わってくるのがX染色体のアンドロゲンレセプターという男性ホルモン受容体とされており、このX染色体は母親から受け継がれるものですので母方のDNAで薄毛になるかをある程度は予測することができます。

 

また、薄毛は隔世遺伝も多いとされており、この場合も母方からの遺伝子が深く関わってきます。

 

隔世遺伝ですので母方の祖父が薄毛になっていれば自分に遺伝する確率も高くなります。

 

では、どうして母親は薄毛になっていないのに隔世遺伝するのでしょうか?

 

それは、女性には薄毛になりにくい女性ホルモンがあるからです。

 

ですので、母親が薄毛になっていなくても、その母方の祖父を見れば薄毛になるかを知ることができます。

 

もし母方の祖父が若いころから薄毛になっていたら隔世遺伝で早く薄毛なってしまう可能性がありますので気を付けておかなければいけません。

 

逆に母方の祖父が薄毛になっていなければ薄毛になりにくいと言えますが、薄毛は遺伝だけが原因となるわけではありませんので他のことにも気を付けておきましょう。

 

それと、薄毛の遺伝には5aリダクターゼという還元酵素も深く関わっており、この5aリダクターゼの活性力が高いと男性ホルモンのテストステロンとの結合力が活発になり、これによって薄毛の原因となるジヒドロテストステロンが大量に生成されてしまいます。

 

このようなことからも分かるように、薄毛は隔世遺伝も多くありますので気になる人は検査を受けてみると良いでしょう。

 

 

抜け毛が気になる前にケアを始める

 

抜け毛が増えてからでは薄毛になってしまう可能性が高くなりますので、抜け毛が増えてしまう前にケアしておくと良いでしょう。

 

そうすれば薄毛で悩まなくて良いのですし、恥ずかしい思いをすることはありません。

 

また、抜け毛が気になる前にケアを始めると良いのですが、その時のケアでは抜け毛予防シャンプーを使用するのが良いです。

 

抜け毛予防シャンプーを使用することによって頭皮環境を整えることができますので、抜け毛を予防するとともにフケや痒みなども防ぐことができますし、結果的に薄毛も予防することができるのです。

 

それに、運動不足や睡眠不足も抜け毛の原因となりますので、しっかり睡眠をとって適度な運動に心がけるのもケアとなりますし、抜け毛予防シャンプーを使用するときに頭皮をマッサージするのも効果的なケアとなります。

 

このようなケアを抜け毛が気になる前に始めておけば、抜け毛や薄毛を未然に防ぐことができますので試してみてはいかがでしょうか。

 

 

遺伝を意識できれば予防ができる

 

薄毛は遺伝する可能性がありますので、家族や親戚が薄毛になっている人は不安になるかもしれません。

 

また、薄毛が遺伝する確率は25%くらいとされていますので、数字だけでみれば4人に1人くらいが遺伝するということになります。

 

しかし、遺伝することが分かっていれば、薄毛を予防する対策を早めにとることができます。

 

普段から薄毛の遺伝を意識して生活していれば薄毛を予防することも可能ですので、抜け毛が増えないように心がけておくと良いでしょう。

 

これから抜け毛予防シャンプーを使用してみるのも良いですし、生活習慣や食生活を見直して抜け毛が増えないようにしておくのも良いでしょう。

 

今現在、特に母方の祖父が薄毛になっている人は高い確率で遺伝することが考えられますので、遺伝を意識して予防し始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

生活習慣や食生活も大事

 

薄毛は遺伝する可能性がありますが、その遺伝を意識しておくことで予防することもできます。

 

意識しておくのは抜け毛を増やさないようにすることだけではなく、生活習慣や食生活を見直して頭皮環境も整えておくことも重要となります。

 

生活習慣では睡眠不足にならないようにするのとゴールデンタイムという午後10時から午前2時までの時間は寝ているようにすることが大切ですし、血行を良くするためにウォーキングやジョギングなどの適度な運動も行うようにしましょう。

 

また、頭皮の血行を良くするために抜け毛予防シャンプーを使用しながら頭皮マッサージすると効果的です。

 

食生活ではファーストフードやインスタント食品などの栄養バランスが偏っているものは控え、ビタミンB群や亜鉛などを含んだ食事でバランスよく摂取すると良いでしょう。

 

おすすめのシャンプーはこちら=男性用育毛シャンプーランキング

女性用はこちら=女性用育毛シャンプーランキング